セルフメディケーション税制について

確定申告のとき、サラリーマンの人が一番恩恵を受けられる控除は

医療費控除ではないでしょうか。

 

適用条件は『納税者が、本人又は本人と生計を一にする配偶者や

その他の親族のために実際に支払った医療費』。

要するに、基本的に家族や仕送りしている親族の医療費が高かったときに

税金を安くする仕組みです。

 

この制度は基本的に10万円以上の治療費がかかる人が対象だったので、

今までは治療費が高額になる人が対象になる控除でしたが、

平成29年1月1日から税制改正があり、医療費多くかかっていない人でも

医療費控除の恩恵を受けられるようになりました。

その制度が『セルフメディケーション税制』です。

 

この制度では、前述の範囲の人に使うことを目的にして購入した

『特定一般用医薬品』の代金が税金から控除されます。

その制度では適用範囲が1万2000円から(8万8000円まで)となっているので、

今までの医療費控除の適用を受けられることが多いのです。

 

しかも、適用対象は特定一般用医薬品。

『特定』と銘打って限定をしているものの、

基本的に一般の医薬品の購入費用が対象になっていますから、

意図せず買っていた医薬品が控除対象になっているかもしれません。

 

今回は具体的な商品名を挙げることは致しませんが、

この控除を受けられるものかどうかはパッケージを見るとわかります。

パッケージに青色の印刷で小さく『セルフメディケーション税控除対象』

というロゴが付いているものが対象。

 

ドラッグストアなどで購入した場合はレシートに星印などが印字されて

『★はセルフメディケーション税制の控除対象です』などと補記されてきたり、

対象商品とそれ以外の商品が別々に記載されて印字されていたりします。

 

レシートが残っていないと購入したことを証明できないので申告できませんが、

頭痛薬や生理痛用品など、使っている人は

日常的に購入していることが多い医薬品が適応対象になっているので、

レシートを集めるとかなり多くの方が控除の恩恵を受けられる可能性があります。

ぜひ家計簿の資料などで残しているレシートを集めて、

1万2000円を超えているかどうか確認してみてください。

 

確定申告をするときは税務署のホームページなどを確認すると

申告会場を別に設けている場合があります。

まずは管轄の税務署のホームページを確認して、

どこに行けば税金を安く抑えられるか、控除の恩恵を受けられるか調べておいてください。

 

控除の恩恵を受けられる人にとって、

確定申告は税金を減らして手取りを増やせる制度ですから、

調べて還付金というプチボーナスを手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA