確定申告で医療費控除を受けるためにはレシートを保管している事が必要

所得税には様々な控除があり

その中で医療費控除というものがあります。

 

これは1月1日からその年の12月31日までの1年間に

医療機関に支払った医療費が

10万円を超えた場合にその10万円を超えた部分が

所得税の金額から控除されるという制度です。

 

例えば医療費が13万円なら3万円だけ所得税が安くなります。

ただし生命保険の保険金などで補填される分に関しては除かれます。

 

また本人の医療費だけでなく家族の医療費も含める事が可能です。

所得税の場合は生命保険料控除や地震保険料控除などの

控除を受ける際にはサラリーマンなら

年末調整の際に証明書等を会社の年末調整の担当者に提出すればいいのですが

医療費控除の場合は確定申告が必要です。

 

その際に医療機関で医療費を支払った際に受け取ったレシートが必要になります。

そのため医療機関に医療費を支払った場合にはそのレシートをきちんと保管しておく必要があります。

 

1年間で10万円も医療費を払う事はまずないと考える人も多いと思いますが

突然の事故や病気もあり得ますので必ず1年間は保管しておくのが望ましいです。

確定申告の際には専用の封筒に医療機関ごとに

支払った医療費を記入し全ての合計額を記入するようになっています。

 

そしてその専用の封筒の中に医療機関のレシートを全て入れて

確定申告書と一緒に税務署に提出します。

入院や手術などで一度に大きな医療費がかかった場合は

それほどレシートの枚数は多くはなりませんが何度も医療機関に足を運んだ場合は

かなり多くの数になります。

そのため計算間違いがないように検算しておく事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA