確定申告をする時に副業の赤字はどうなるか

最近はビジネスが多様化して、

誰でも簡単にお金を稼ぐことが出来るようになっています。

ちょっと開いた時間に仕事をしたり、

ネット上でお金を稼ぐなどの方法が広がっています。

 

そうなるとその所得を税としてどう処理するかを考えます。

基本的に副業の収入は額が小さい場合は

税金のことを考えなくてもいいです。

大体20万円以上になった時は確定申告が必要になりますが、

それ以下の場合は税のことを考える必要はないです。

 

そしてもう一つ副業で赤字が出た場合に、

この赤字を使って本業の税金を減らせないかと考えます。

副業で出た赤字を事業として認められた場合は、

本業やサラリーマン給料の税金軽減用として使えます。

これが認められるためには事業として行われていることが重要で、

一時的な所得ではなく継続的利益を得ていることの証明が必要になります。

それができない場合は雑所得扱いになるので、

税金の相殺をすることはできないです。

 

基本的に確定申告は普通のサラリーマンであればする必要はないです。

税の申告は会社がやっているので自分でやる必要性はありませんが、

副業をしている場合である程度の収入があるならば必要です。

そしてその副業が赤字を出していた場合で事業として認められれば、

その赤字をサラリーマンの減税対策に利用することができます。

 

ただし事業として認められるためには継続して利益を出している必要があるので、

一時的な所得を得るようなものでは対象にはならないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA