住宅ローン控除について

家を購入したことを契機に初めて確定申告を行いました。

 

住宅ローン控除は、家を購入してから条件を満たせば

10年間税金の一部が控除されるありがたい制度となっています。

 

住宅ローン控除を申請するには、事前に必要な書類を予め集めておく必要があり、

余裕をもって確定申告を行う必要があります。

書類の一部にでも不備があるとまた書類を集める必要があるため、

そのための余裕の時間を設けておく必要があります。

 

また申告をするうえで、税務署での申告を行うのをお勧めします。

住宅ローン控除に関しては、税務署でも予めそれ専用の相談コーナーを設けており

専門家の目でチェックをして頂けることで書類の不備や書き方について学べることもあり、

それを利用することに越したことはありません。

 

私は注文住宅で家を建てたこともあり、下記の書類を準備しました。

 

・土地、建物の全部事項証明書

→ 家を建てた場所の管轄の法務局で手に入れられるます。

 

・土地の売買契約書

→土地を買った不動産屋から頂いたものをコピーしておきましょう。

 

・建物の請負契約書

→ハウスメーカーさんとの請負契約書をコピーしておきましょう。

 

・源泉徴収票

→勤務先から事前に頂いておきましょう。

 

他には身分証明をするもの、

マイナンバーがわかる書類

(マイナンバーカードがあると良い。マイナンバーが記載されている住民票でも可)

をもっていきましょう。

資料を準備して税務署へ向かいましょう。

 

確定申告の時期は思いのほか混んでいます。

私はたまたま振替休日があったのでその日にすませました。

税務署によっては休日に開庁しているところもありますが、非常に混んでいると思われます。

個人的には平日に行くのが良いと思います。

 

資料の作成の準備、相談に思いのほか時間がかかります。

職員の方も多くの人を相手に対応をされていることもあり

一人に係る時間も少ないため待ち時間がどうしていも発生してしまいます。

この点はどうしても仕方ないかと思います。

 

資料の作成、提出については既にシステム化されており、

パソコンに空きがあればかなりスムーズに進みます。

 

住宅ローン減税に関しては還付金が発生するため、

口座をパソコンで入力する必要があるため予め指定の口座を決めておきましょう。

そして、職員の方に提出して完了です。

 

おおよそ1月あれば還付金が戻ってきます。

この作業については、次の年以降では不要となります。

サラリーマンであれば年末調整で行われるのでこの一回で済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA