基礎控除

確定申告を行う時、白色でも青色でも、誰でも控除されるもの、

これが、基礎控除、38万円なのです。

納税者すべてが無条件に適用されます。

 

基礎控除38万円は、給与所得であるサラリーマンにも適用されています。

給与所得者の場合は、会社が天引き、年末調整という形で

納税処理を代行しているため、意識されにくいだけなのです。

 

なお、配偶者や扶養家族に対する控除の条件として、

年間所得が38万円以下という項目があります。

これは、控除対象となる人物が持っている権利の基礎控除額が38万円だからです。

それ以下ならば、控除後の所得が0円と計算されます。

このように、所得が0円となる人は、納税者の扶養下に入ることができます。

 

その他、実は給与所得者にも控除はあります。

有名な、パート収入103万円の壁にも、

給与所得控除65万円という言葉ばあります。

これは、その給与を得るための必要だった経費として控除するという仕組みです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA