生命保険料控除

ケガや病気や死亡に備えて生命保険に入っている人は、

その生命保険に払った額によって、一定の額を生命保険料控除として、

総収入から差し引くことができます。

 

残念ながら全額控除ではなく、

支払った額に応じて計算式が設定されています。

控除の上限は5万円。

つまり、源泉徴収税から5千円戻ってくる計算になります。

 

対象になる保険の種類には大きく分けて2種類があります。

①生命保険料

保険金の受け取り人が本人か配偶者、その他親族のもの

 

②個人年金保険料

年金を給付する生命保険で、受取人は本人か配偶者のもの

 

 

この控除を受けるには、加入している生命保険会社から届く、

払い込み証明書、生命保険控除証明書といった書類を、

申告書に添付する必要があります。

確定申告が終了するまで、大切に保管しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA