サラリーマンの確定申告は意外に楽々!

確定申告と言うと難しいような印象を受ける方が多いかもしれません。

書類を税務署に持参して、書類を書いて、計算して。。。

というイメージがあって、面倒で難しいように思う方が多いでしょう。

 

でも国税庁のホームページから「確定申告書作成コーナー」のツールを使えば、

必要なことを入力するだけで簡単にできてしまいます。

 

「ネット上で」と言うと、e-Taxを思い浮かべ、

「でも事前登録が必要なんですよね?」と言われることがありますが、

事前登録しなくても「確定申告書作成コーナー」で、書面を提出を選択し、

必要事項を入力後にプリントアウトし、

それを該当の税務署へ郵送するだけで確定申告ができます。

 

該当の税務署の住所でさえも、自分の住所を入力すれば自動的に宛先も出してくれます。

入力事項には還付する振込口座もあるので、

書類を出した後は税務署から還付のハガキが届くのを待ち、

あとは還付入金されて完了になります。

考えているよりも簡単で、それほど気負いもなく、気軽に確定申告ができます。

 

サラリーマンにとって確定申告は、税金が戻る可能性が高く、

思わぬお小遣いになることも少なくありません。

住宅ローン控除はかなり大きいので、大きな戻りが期待できます。

 

医療費控除は10万円を超えた分の控除ですが、

扶養となる家族の分の医療費も合算できる上に、

該当の病院までの交通費も含むことができるので、思った以上の金額になります。

 

もし、医療費ではなく医薬品の購入が多い場合は

セルフメディケーション税制なども利用できます。

 

医療費控除の申請には明細の入力も必要なのですが、

国税庁の「確定申告書作成コーナー」には、その明細のExcelフォーマットもあります。

病院名や薬局名などの入力も一見面倒に感じるかもしれませんが、

コピペもできますし、使い慣れたExcelなので案外簡単に入力することができます。

 

また、ここ数年話題になっている「ふるさと納税」も確定申告で申告します。

こちらも金額の入力と「ふるさと納税」の領収書の提出だけでOKです。

 

転職して失業期間がある方は確定申告で見落としがちなものがあるので注意が必要です。

失業期間に自分で払った国民健康保険と国民年金保険料です。

うっかり忘れてしまうことが多いのですが、これももちろん税額控除の対象になります。

特に失業期間が長く何回か払っていれば、税金が戻ってくる額が大きくなるので、

忘れると大きな損になってしまいます。

 

サラリーマンは会社で年末調整をしてもらっているし、

副収入もないから確定申告なんか関係ない、

確定申告に時間をかけてもたいして戻ってこないからいいや、

などと思っているかもしれませんが、やってみると予想以上に節税になる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA