不動産で節税

サラリーマンでも、いや、サラリーマンだからこそ、

不動産投資は簡単にできます。

 

サラリーマンというのは、思っている以上に

金融機関からの信用が高いのです。

10年以上1社で勤務したようなサラリーマンの場合、

アパートの1棟や2棟分の融資は簡単に受けることができるのです。

 

最初は1棟のアパートから始めて、ローンを払い終えれば、

そのアパートにも担保価値が生まれますので、

融資可能額は雪だるま式に膨れ上がっていきます。

 

そして、不動産には様々な税務上の特典があります。

ただお金を貯金するよりも、不動産を購入したり、

不動産事業を営んだ方が、税金が安くつきます。

 

例えば、資産を残すとき、現金で残せば、その金額がそのまま

相続資産となって相続税の対象となります。

でも、土地や建物にしておけば、その価値の評価方法は、

時価よりもかなり低く抑えられるのです。

さらに土地や建物を購入する際に借金をしていれば、

資産は相当減額されます。

よって資産は現金で残すよりも、土地や建物にしておいたほうが有利なのです。

 

そして、サラリーマンが、アパート賃貸などの不動産事業をしている場合、

サラリーマンでの給与所得とアパート賃貸での不動産所得を合算して、

その総額に対して税金がかかるようになります。

もし不動産所得が赤字だった場合、

その赤字分は給与所得から差し引かれることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA