住宅ローンで節税

住宅ローン控除とは、ローンを組んで住宅を取得したときに、

税金が戻ってくる制度です。

 

住宅ローン控除を受けて、戻ってくる税額は、

住宅ローン残高の1%です。

ローン残高が2000万円とするならば、

毎年20万円の所得税が帰ってくることになります。

 

この控除を受けられる機関は、最長で10年間です。

マイホームを持てば、固定資産税という税金がかかってきますが、

その固定資産税は、この住宅ローン控除の還付金でまかなえます。

 

住宅ローン減税は、医療費控除のような所得控除ではなく、

支払うべき税金から直接引ける税額控除なので、

節税額は非常に大きいのです。

 

たとえば、医療費控除ならば所得控除なので、

20万円の控除を受けたとしても、実際に戻ってくる税金は、

控除額に税率をかけた2万円から5万円程度です。

 

しかし、住宅ローン控除ならば、

税額控除なので、20万円が丸々戻ってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA