家族の払った社会保険で節税

社会保険料控除とは、健康保険や公的年金などの

社会保険料を、所得から全額控除できるものです。

この控除を使うことが、節税への大きなポイントとなります。

 

所得控除の対象となる社会保険料は、

自分が加入している分だけでなく、

家族が別に社会保険に加入していれば、それも控除できるのです。

 

年金暮らしや無収入の両親を扶養家族としている場合、

両親にかかってくる社会保険料も控除の対象になります。

両親に限らず、扶養に入れている子供、兄弟などの社会保険料も控除できます。

 

フリーターやニートの子供がいたとしても、

彼らも原則として自分で国民年金に入らなければなりませんが、

このとき払った年金保険料も、親の所得から控除できるのです。

 

家族全体の社会保険料を、

家族の中でもっとも収入の多い人が全額払ったことにすれば、

家族全体の節税になるのです。

 

たとえば、フリーターで、自分の給料から国民健康保険を

払っている息子がいる場合、

息子自信が社会保険控除を受けても、あまり節税にはなりませんが、

国民健康保険料をサラリーマンの父親が払ったことにすれば、

父親の税金が安くなり、家族全体の節税になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA