海外逃亡で節税

税金を払わないための究極の方法は海外逃亡です。

海外に行けば、日本の税金はほとんど払わなくてもよくなります。

 

タックスヘイブンという言葉を聞いたこともあるかもしれませんが、

タックスヘイブンとは簡単に言うと、

税金が驚くほど安い地域のことです。

 

そのタックスヘイブンに住めば、住民税や所得税が、

日本よりもはるかに格安になるのです。

さらに外国人のための住民サービスも整っているところが多く、

外人さん大歓迎の地域なのです。

 

このタックスヘイブンは、南太平洋の小国、ケイマン諸島などが有名ですが、

香港やシンガポールなどもタックスヘイブンといえます。

なので、昨今、お金持ちの人たちはこぞって海外に住居を移したり、

企業の本拠地を移したりしています。

 

サラリーマンでも定年退職後に外国に住むという方法があります。

タックスヘイブンは所得税だけでなく、住民税や社会保険料も安くなりますし、

もちろん物価も日本より安いでしょう。

 

住民税は前年の所得に応じてかかるものですので、

定年退職1年目は住民税がけっこうバカにならない額になります。

ですから、定年退職1年目に海外移住するのもオススメです。

 

さらに、外国に住んでいる人は、国外から得られる利子や配当所得などにも

税金はかかりませんので、

退職金をタックスヘイブンの銀行に預けるなどすれば、

悠々自適な生活が送れるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA