広告宣伝費

広告宣伝費とは、主に不特定多数の人に対して

宣伝をうつときに使う科目です。

 

どんなクライアントも、こちらの存在を知らなければ、

仕事を発注することができません。

「私はこういう人で、こういう仕事を請け負います」

と告知するのが広告宣伝費なのです。

 

インターネットが発達した現在では、

ホームページを持って、作品を展示するといった個人広告も可能です。

ホームページの集客目的でSEOに力を入れたり、

プレゼントの抽選を実施する場合などは、プレゼント代も広告宣伝費となります。

 

ほかにも営業活動として挨拶まわりをしたり、チラシ配りをするのも、

もちろん広告宣伝費になります。

ほかにも、自分の商品を自分で買い取って、無料で人に配る場合も、

広告宣伝費としてもOKです。

 

作品展やパーティを開く場合にかかる経費も広告宣伝費に該当します。

案内状をデザインする、印刷する、郵送する、場所を借りる、

当日の受付アルバイト代など、様々なお金がかかりますが、

これらは全て経費として計上できます。

 

さらには、そうした宣伝が効果を出し、

メディアから取材を受ける側になった場合に、

お金を出してヘアセットやメイクをした場合も

それも広告宣伝費として考えられます。

テレビにでるときや、写真付きで雑誌にのる場合は必要経費になります。

 

その時の衣装は、そのためだけにレンタルした衣装であれば、

全額、広告宣伝費として計上可能ですが、

購入の場合は、私用の可能性があるので、計上が難しくなるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA