消耗品

消耗品とは、使うと減り、最後には無くなるもの、

そして無くなったら新しく買い足すもののことです。

 

また、年度内に一括計上する10万円以下の品も

消耗品として扱って大丈夫です。

 

具体的には、

電池、電球、CD、DVD、FAX、電話機、扇風機、

プリンタ、スキャナ、デジタルカメラ、PCソフトウェア、

本棚、机、椅子などが上げられます。

 

日常の買い物の中で、

これは仕事の消耗品として該当するものがあれば、

そのレシートは決して捨てないことです。

 

私物を混ぜて購入した場合でも、

その内訳にその品物と価格が印字されていれば、

その部分を証拠として計上できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA