経費とは

1年の総収入が大金でも、

それを稼ぎ出すための経費がたくさんかかっていれば、

さほど儲かっていないことになります。

 

例えば、総収入が750万円あったとしても、

経費が500万円かかっていれば、所得は250万円です。

 

課税対象所得を少なくするポイントは、

いくら経費を計上できるかです。

課税対象所得が少なくなれば、自動的に、

所得税・住民税が安くなります。

つまり、税金が安くなるのです。

 

 

経費の種類

経費とは、その報酬を得るために必要だったモノやコトにかかったお金のことです。

家賃や光熱費、通信費など、個人使用と業務使用で共通している経費については、

按分という分け方を使います。

帳簿には、業務使用分だけ計上することになります。

 

とはいえ種類によっては、プライベートと業務の区別がつきにくい経費もあります。

たとえば、ライターが仕事の取材のために旅行をします。

ついでに少しは気晴らしもするし、プライベートな楽しみもあるかもしれません。

 

しかし、その取材旅行で得た情報が原稿料という収入に繋がるのであれば、

その旅行にかかった交通費、宿泊費は経費です。

ポイントは、その旅行がなければ収入が得られなかったかどうかです。

 

主な経費の種類としては以下のようなものがあります。

・交通費

電車、タクシー、航空券

 

・消耗品

文房具、乾電池、固定資産以外のもの

 

・地代家賃

自宅件オフィスの家賃、月極駐車場

 

・水道光熱費

電気代、ガス代など

 

・新聞図書費

資料用の雑誌書籍、新聞など

 

・通信費

電話、インターネット、郵便など

 

・交際費

お中元お歳暮、贈答品、会食

 

・取材費

取材する場所、物、打ち合わせのお茶代など

 

・外注費

第三者へ仕事を発注した対価

 

・給与

従業員、アルバイトへの給与

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA