確定申告をしなければいけない人

確定申告とは、

各個人が支払わなければならない

税金の金額を決めるためにおこなうものです。

 

税金は、収入の額により決まります。

会社員などは会社側が毎月の給料から所得税を天引きしますし、

扶養や生命保険に関する控除などは年末調整で計算されます。

したがって確定申告をおこなう必要は基本的にはありません。

 

しかし会社員でも確定申告をしなければいけない人もいます。

支給された給料が年間2000万円を越える人や、

給料以外に年間20万円を越える副収入がある人です。

 

たとえばアルバイトをしていたり不動産収入があったり

投資などによる収入があったりする人は、

会社で天引きされている以上の税金を支払う必要があり、

そのため税務署に収入の額を申告しなければならないのです。

 

また会社員以外でも、自営業の人や自由業の人など、

給料からの所得税の天引きや年末調整がおこなわれない人も、

自分で確定申告をおこなう必要があります。

 

この場合、1年分の収入と経費による支出などを計算せねばならず、

大変な手間がかかりますし、計算ミスをしてしまう可能性もあります。

これを防ぐために、税理士に依頼して計算を代行してもらうこともできます。

費用はかかりますが、正確な計算による正確な申告をおこなうことができます。

 

確定申告をおこなうと、その内容により税務署が税金を計算し、

個々が支払うべき税金の額を決めます。

支払いが足りない税金に関しては、後日請求されますし、

逆に支払いすぎている場合には還付されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA