人件費

経費の中でも最も高いといわれているのが人件費です。

できるだけ、仕事単位で外注して、経費を抑えたいところ。

 

仕事単位で発生する外注費には2種類あります。

 

・発注先が会社組織の場合

発注→納品→請求→銀行振り込み

という流れになります。

 

・発注先が個人

発注→納品→対価の振込み

となります。

事前に条件を決め、請求書を受け取らずにギャラを振り込む場合がほとんど。

単発で5万円以下のアルバイト代なら、すべて外注費で扱えます。

現金で手渡した場合は、相手から領収書をもらいましょう。

 

5万円以上の場合は源泉徴収が必要になるので、

10%の額を預かり金として扱います。

 

 

給与の場合は、外注費のように、源泉徴収一律10%のように単純ではありません。

支払いでは源泉徴収税を預かり、給与を受け取った人の代わりに、

税務署を納める手続きが発生します。

税務署には、給与所得の源泉徴収税額表があるので、

それに基づいて、源泉徴収税額を決定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA