新聞図書費

新聞も情報収集に必要な資料と考えれば、

経費として扱えます。

現金支払いの場合は、そのつど領収書を。

 

ほかにも、仕事に関係のある情報を得るために購入した雑誌、

文庫、書籍、定期刊行物なども

すべて新聞図書費として経費で落とせます。

 

領収書には買った書籍名をメモしておけば完璧です。

インターネット通販の場合は、書籍名が書かれた納品書が付きますので、

それをファイルしても大丈夫です。

書籍を購入する際は、どの仕事にどう関連するか、

理由を心に思い浮かべる訓練をしましょう。

 

例えば、

扱うテーマの下調べのため、

参考文献として、

技術的な参考のため、

仕事で組む相手の過去の仕事を理解するため

などなど。

 

書籍以外にも、ネット上で有料購入する

メールマガジンや各種情報も新聞図書費に含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA