領収書の貰い方のポイント

節税のコツは控除ともう一つ、

経費を集めまくることにあります。

その経費を証明するために必要になるのが領収書です。

 

帳簿に入力するデータには、証拠が必要になります。

例えば、コンビにで週刊誌を買ったとします。

1冊800円。仕事に必要な情報が掲載されていたから買ったのです。

しかし、領収書をもらわず、支払った本人がその事実を忘れてしまったとしたら、

それは単なる個人の消費で終わってしまうのです。

 

最も理想的なのは、宛名に固有名を書き込んだタイプの領収書ですgあ、

宛名は上様でも問題ありません。

何のために、この経費が必要だったのか、

もらった領収書にメモ書きを追記しておけば万全です。

 

また、自分がその品物に対してお金を支払った証明としては、

簡略なものでも問題ありません。レシートでもいいのです。

 

でも明細の内容に経費として説明しにくい物件がある場合は、

あえて合計額だけが記載された領収書を要求するといいでしょう。

 

例えば、ライターが原稿を書く資料としてお茶を買いました。

そのとき、ついでに自宅で使うティッシュなどを買ってしまったら、

合計額だけの領収書にして、但書きをお品代として、

雑誌○○記事用資料、お茶と書きます。

これで全額が経費として見せることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA